アカウント作成

エンジニア、データサイエンティストの方へ
開発・運用いらずの
ビッグデータ転送サービス

trocco

様々なデータソースの組み合わせに対応

troccoは、3ステップ
あらゆるクラウド・サービス間の
データ転送を
可能にします。

対応サービス

troccoの
かんたん3つのステップ

転送元と先を設定

ラインナップされている
サービスの中から選択。

自動設定&プレビュー

転送設定が自動作成され、
すぐに転送可能に。
データの中身も確認可能。

スケジュール・通知設定

定期実行の設定や、
転送結果の通知が設定可能。

troccoの活用事例

Q & A

ベータ版とはどういう事ですか?

troccoは現在実証実験中のサービスのため、お客様のご利用データ・ご要望などを元に改善を重ねて、製品版リリースを行いたいと考えております。実際のデータ転送業務に必要な機能を備えておりますが、β版のため予期せぬ不具合が発生する場合がございます。可能な限りデータ復旧やバグ修正などの対応をさせて頂きたいと考えておりますので、こちらもお気兼ねなくお問い合わせください。

すべて無料で使えますか?

現在実証実験中のため、無料で検証ユーザーとしてご利用頂けます。ご利用いただいた感想や改善、修正などのご要望等は「お問い合わせ」よりご連絡ください。

利用したいデータソース(転送元・転送先)がありません

対応データソースは随時追加されていきます。お問い合わせフォームよりご連絡頂ければ、優先して対応出来る場合がございますので、是非ご連絡ください。その他機能追加の要望等もお気軽にご連絡ください。

なぜパスワードなどの機密情報を登録する必要があるのですか?

troccoではお客さまのデータを転送するため、データベースやクラウドストレージ等にアクセスしてデータを取得する必要がございます。
そのためお客様からお預かりしたパスワードや認証情報を、最低限の用途で、最新の注意を払って利用させて頂きます。

重要な情報を預けることになりますが、セキュリティ面は大丈夫なのでしょうか?

お客様の重要な情報は、暗号化通信を用いて弊社サーバに送信され、データはインターネットから隔離されたデータベースに保存されます。取扱には細心の注意を払っておりますので、ご安心ください。
また、troccoでは接続情報の権限管理を行うことが出来ます。接続情報は管理者権限を持つユーザーのみが作成・共有可能です。一般ユーザーは共有された接続情報内の機密情報を見ることなく、利用することが出来ます。

アカウント作成 / ログイン

お問い合わせフォーム